よくあるご質問



Q. エッセンスに味や香りはありますか?

A. いいえ、味や香りはありません。基本的には花に備わるエネルギーを転写させた水と保存料だけです。エッセンスにはハーブのように花や葉そのものが入っているわけでもなく、アロマオイルのように抽出した成分が入っているわけでもないので、味や香りはありません。


Q. コーヒーに入れて飲んでもかまわないですか?

A. コーヒーだけでなく、お茶やジュース、ほかにも害にならないものならば、どんな飲み物に入れてもけっこうです。ただし、お茶類に含まれているカフェインによる刺激、あるいは味や香りなどによって、エッセンスの繊細なエネルギーがわかりにくくなってしまう可能性があります。何かに入れるならば、できるだけミネラルウォーターなどの天然水にすることをおすすめします。


Q. 薬と一緒に飲んでも問題はありませんか?

A. フラワーエッセンスはエネルギーレベルで働きかけるものです。物質的には単なる水とアルコールですから、西洋医学による通常薬、あるいは漢方薬と併用しても特に問題はありません。


Q. 複数のエッセンスを一度に使っても大丈夫ですか?

A. はい、同時に使うことはもちろん、自分で複数のエッセンスを混ぜてコンビネーションボトルを作っても、全く問題はありません。根の深い問題を癒すために、いくつかの異なるエッセンスが必要になる場合もあります。人間の身体や心にも色々な場所があり、そのアンバランスさを癒すためにはいくつかの異なるエッセンスが必要になることがあります。メーカーによって見解は異なりますが、グリーンマンエッセンスでは、組み合わせる数は6種類程度までにしておくことをおすすめしています。


Q. ドーセージボトルとは何のことですか?

A. 使用ボトルのことで、水とブランデー(焼酎やウォッカ、ビネガーも可)を入れた別のボトルに、ストックボトル(通常販売されている希釈レベル)から数滴垂らし、良く振って活性化させれば出来上がりです。


Q. 冷蔵庫に入れて保存した方が良いのでしょうか。

A. ブランデーなどの保存料が含まれているので、常温で保存できます。ただし、直射日光に当たるような場所は避けてください。


Q.消費期限はあるのですか?

A. ラベルに期限が刻印されていますが、販売されているストックボトルの状態であれば、アルコールが揮発してしまわない限り問題なく使用できます。


Q. 全くエッセンスを感じられないのですが・・・。

A. イメージに惹かれたにしろ、説明文を読んで気に入ったにしろ、大なり小なり、必ずそのエッセンスのエネルギーに共鳴しているはずです。何かしらの作用は必ずあります。繊細な感覚を使うことになれている人は飲んだ瞬間に短期的なエネルギーを何か感じるかもしれませんし、何週間、あるいは何ヵ月も経ってから使う前との違いを感じることもあります。あるいは、他人から「あなた変わったね」と指摘されて気づくこともあるでしょう。一概には言えませんが、ストックボトルを一本、あるいは2週間程度使い続けても感じ方がわからない時は、もう一度、使う目的をはっきりとさせてから「いま、自分にとって本当に必要なエッセンスは?」と、心の中で自分に問いかけながら選んでみてください。そして、静かで落ち着いた状態でいられる場所でエッセンスを使う目的を思い浮かべながら使うようにします。それから、できるだけ小さなことにも気持ちを向けてみることです。たとえば、エッセンスを使い始めてから日々の暮らしの中でそれまでとは違うことが起きたら、それがどんなにつまらないと思えることでも書き留めておいてください。日記をつけるのも効果的です。何よりも、エッセンス、ひいては樹木や花(自然界の存在)の「エネルギーを感じたい!」と強く思うことです。


Q. メーカーによって推奨する使い方や選び方が違うのですが、何を信じたら良いのでしょうか。

A. エッセンスに対する考え方は、作り手やプラクティショナー、ユーザーにいたるまで、多種多様です。どの考えが正しいというのではなく、自分にとって適した答えが必ずあるはずです。どのような使い方をしてもまず危険性はないので(量は微量ながら、アルコールに関する一般的な注意は必要です)、いろいろな方法を試して最終的には自分が感じたことを信じてください。もし相談するならば、信用できるプラクティショナー、あるいはセラピストを一人だけ選ぶことをおすすめします。